ニードルの柄に糸を巻こう

柄が金属のアーリニードルは柄に糸を巻いて使うと使い心地が全く違います。
とても簡単に出来るので、ぜひ糸を巻いて使ってください。

糸の巻き方

25番刺繍糸を1M用意し、6本の中から1本づつ抜いて4本揃えます。
スレッドワーク用(チェーンステッチ用)アーリニードルの場合、針の後ろ側1cmくらいのところからボンドを薄くつけ、揃えた糸を巻いていきます。ボンドはいっぺんに付けず、3cmくらいづつ付けながら作業します。
針先1.5cmくらい手前まで巻いたら、巻いた糸の上にボンドを付けながら戻り、巻き始めのところで糸端を結びます。
結び目にボンドをつけてほどけないようにしたら余った糸端はカットし、完成です。

一体型のアーリニードルの場合は、柄の部分のみに同じように糸を巻きます。

巻く糸は刺繍糸でなくても構いません。太めの糸なら二重に巻く必要はありません。アーリワークは針を半回転させながらステッチする刺繍です。細めの柄の方が回しやすいのです。