チェーンステッチ(6)右下の角の曲がり方(7)右から左へ進む

今までの角の曲がり方と要領は同じで、バックステッチを1目刺しておくということです。

最初に針にかかっているループを伸ばしておきます。
①で針を刺す位置は、これから刺し進む方向の反対側(ここでは向う側)へ、角から1mmくらいのところです。できるだけ小さいステッチを刺します。最初に針にかかっているループを伸ばしておかないと次のループを引き出したかぎ針を引き抜くことが出来ません。

右から左へ進むときの刺し方

針はできるだけ垂直に。ただし、進行方向に5度くらい倒すと刺しやすいです。

(6)右下の角の曲がり方の③が最初のポジションです。
針を布に刺す前は、かぎ先を進行方向に向けて持つので、ここでは左向きに持ちます。
最初のポジションに戻ったら①~③をくりかえして向うから手前へまっすぐに刺してみましょう。