刺しゅう枠を裏返さずに裏で玉止めする方法

一般的に、刺しゅうは始めも終わりも玉止めしないと言われますが、私はずぼらで面倒くさがりなので結構しちゃいます。

それに、アーリワークをするときって刺しゅう枠は固定されているので、いちいち裏返したりできません。

アーリワークってアーリニードルのみで刺すだけじゃなくて、普通の刺しゅう針でするステッチや縫い針でする作業もあるんです。
そういうとき、いったいどうやって最後は止めてるんだろう???ってずっと不思議でした。
そこで、調べてわかったことをさらに自分で少しアレンジして、この方法が良いんじゃないかというところにたどり着いたので、ご紹介します。

たぶん、ですけど、インドのアーリの職人さんはもうちょっと簡単な方法で止めてる気がします。
玉は作らないで2回くらい返し縫いをして終わり、みたいな。あと、もう一つ良さげな方法もあるんだけど、それは玉を作らないので、後でほどけないかどうか少し不安が残ります。

とりあえず、これはこれで便利なんじゃないかと思うので、今回はこういう方法があるってことで。

次回はまた復刻プロジェクトについて書きます。