インドで始まりヨーロッパへ

Aari work(Aari embroidery アーリワーク/アーリ刺繍)は12世紀にインド北部のバラバンキで生まれたと言われています。16世紀にムガール帝国の王族に好まれて大きく発展した刺繍です。
アーリワークの伝統的なデザインはペルシャの影響を受けて、草木や花、果物など自然のものが用いられますが、現代では幾何学的なデザインやくり返しパターンも多く見られます。

※各リンク先はPinterestになっており、それぞれに関連した画像が見られます。
 パソコンでは新しいタブが開きます。タブを切り替えてご覧ください。
 スマートフォンでは戻るボタンを押して戻ってください。

ヨーロッパへ渡ったAari work

アーリワークは18世紀ににペルシャを通じてヨーロッパにもたらされ(ポルトガル人がアーリ職人をインドからフランスに連れて行ったなど諸説あり)、イギリスやフランスにtambour embroidery(タンブール刺繍/タンバーワーク)として伝わりました。タンブール(tambour)はフランス語ではドラムを意味しますが、丸い枠にピンと布や革を張ったものということです。楽器のタンバリンの語源もペルシャ語のタンブールだということですから、語源は同じです。

フランスではパリの北に位置するBeauvais(ヴーヴェ)で18世紀中ごろから発展し、ルイ15世の時代にポンパドール婦人に非常に愛され、Point de Beauvais(ポワンドヴーヴェ)と呼ばれています。
また、19世紀初頭よりluneville(リュネビル)地方で発展したものは、Luneville embroidery(リュネビル刺繍)と呼ばれ、オートクチュールの刺繍に多く用いられています。
東欧のスロバキアのdetva(デトバ)という町にはdetva embroidery(デトバ刺繍)というかぎ針刺繍があります。
タンブール刺繍やポワンドヴーヴェが現代では趣味的な位置にあるのに対し、リュネビル刺繍やアーリワークが現代でも職業的な位置にある理由は、ビーズやスパンコールなど多種多様な素材を扱い、効率的に布に装飾を施すことができるテクニックであり、現代でも需要があるからだと思います。
1840年頃にタンブール刺繍と同様の刺繍ができるミシンが開発されたため、糸のみでステッチをするタンブール刺繍やポワンドヴーヴェは商業的にはミシンにとって代わられたのでしょう。

インドのかぎ針刺繍

インド北部のカシミール地方のKashmiri(Kashida)刺繍もチェーンステッチの刺繍です。道具はかぎ針ですが、アーリのかぎ針に比べかぎの大きな針を使い、枠を使わずに刺します。他にもAhir刺繍やRabari刺繍というチェーンステッチを多用する刺繍がありますが、すべてがかぎ針でする刺繍という訳ではないようです。

現代のインドでは主にブライダル用の衣装や晴れ着などにアーリワークは施されます。国内ではラージャスターン州、ウッタルプラデーシュ州を始め多くの地域にアーリワークの工房があります。